コトブキヤ フレームアームズ・ガールズ・スティレット(その1・箱を開けて仮組みする)

 

はじめに

今回はこちらのキットを制作しました。

コトブキヤ フレームアームズ・ガールズ・スティレット

今更感もありますが、前々からかわいいなーと思っていたので作ってみます。



キットについて

それぞれのランナーが色分けされていて、パチ組みでも鑑賞に堪えうるポテンシャルを持っているように感じる構成です。

しかも、フェイスパーツはあらかじめ瞳がプリントされているため、難易度の高い瞳の塗装に苦労せずに済みそう・・・。

ちなみにこのキットはスナップフィットでした。

組むだけなら接着剤を使用しなくてもどんどん進めていけます。

しかし、それだけに一度組んでしまうとバラしにくくもなってしまうため、仮組みにおいては困るケースが生じてきそう・・・。

場所によっては取り付けピンを短くする等の加工をしておいて、パーツを外しやすくしていたほうがよさそうです。

以上の構成から目立つ合わせ目を処理して、あとは成形色を活かして部分塗装で対応すればお手軽に完成させられるのでは、と夢想してみました。

 

 

仮組み

まずはパーツを大まかに切り出して、仮組みしてみます。

この段階で、どこのゲート跡が目立つかなー、とかここら辺の合わせ目は表に出てくるから処理しておいた方がいいなー、とか検討しておきます。

バラしたときに目立つゲート跡がどこか忘れることも多々あるので、マーキングしておくのも良いかもしれません。

私はよく忘れます。( ̄。 ̄;)

あと、このキットはパーツ同士を挟み込んで組んでいく部位が多々あることがわかりました。

このようなところは、いざ塗装をしようとするとマスキングの必要性が生じてくることが多いです。

いわゆる後ハメ加工をしておくと、のちのちの塗装が楽になる部位も多そうです。

 

ちなみに彼女は自立が難しそうだったので、あらかじめこれを用意しておきました。





上記フェイスパーツには、後頭部からあごにかけてパーティングラインが走っています。

プリント済みであることから、あまりやすりをあてたくないパーツでしたが・・・。

 

頭部のパーツを組んでみると、フェイスパーツのパーティングラインはほとんど隠れるのがわかりました。

整形は必要なさそうです。

 

「その2・組み立てる①」へ

 

↓ポチっていただけると励みになるので、お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)